ポケットのなかにはクッキーがひとつ?

創作ストーリー

雲一つない晴天の中、園児たちのお遊戯の歌声が聞こえる。

歌声は揃っているわけではなく、園児の合唱によくみられる少しはみ出た声も聞こえてきて

それは個性として認められ、歌の中に溶け込む。

ガス
ガス

ちっ、めんどくせー。

園児の中にはお遊戯を歌うのが嫌な子もいる。

ガスは面倒くさがってお遊戯を歌わなかった。

そして、お歌の時間は終わり、自由時間になった。

園児たちはお絵かきや砂遊び、おままごとをしている。

しかし、ある男の子3人は部屋の隅で喋っていた。

いや、喋っているという動詞にするのも勿体無い。

駄弁っているという感じだ。

ガス
ガス

はー、きょうもだりい。

デンキー
デンキー

まちがいないね!

スイド
スイド

はやくひるねしたいな〜

デンキー
デンキー

おまえ、ようちえんにひるねのじかんないぞ

ガス、デンキー、スイドの3人は気だるそうに駄弁っていた。

ふと、ガスがデンキーに話し始める。

ガス
ガス

なぁ、ビスケットのうたってあるだろ?

デンキー
デンキー

ビスケットのうた?

ガス
ガス

ポケットのなかにはビスケットがひとつ〜♪

ってうたあるだろ?

デンキー
デンキー

ああ、ふしぎなポケットっていううただな。

ガス
ガス

そうそう。あれさ、ポケットをたたくとビスケットがふえるじゃんか。

あれってべつにまほうじゃなくてさ、たたきわってるんじゃね?

デンキー
デンキー

ああ、そういえばさいきん、せんせいがさ

ふしぎなポケットをうたってるときに、

あかいエプロンのポケットたたきわってた

きがする。

ガス
ガス

あれさ、ポケットのなか、

ビスケットのかけらだらけになってるよ。きたねー。

デンキー
デンキー

たしかに、きたないな。

スイド
スイド

あー、まじかー。もし、むじんとうにのこされたら

せんせいのもってるまほうのポケットほしかったんだけどなー。

ガス
ガス

そうか?

おまえ、あのエプロンのポケット、ビスケットしかでてこないんだぞ?

ほかのたべものほしくなるだろ?

スイド
スイド

たしかに……。

ガス
ガス

あと、おれさ、ビスケットじゃなくてクッキーのほうがすきだから

クッキーだしてほしい。

スイド
スイド

おれはハンバーガーがたべたいなー。

ガス
ガス

……。

デンキー
デンキー

……。

そんなことを言っていると、教室に戻る合図のチャイムがなり、先生が教室に入ってきた。

しかも、あの歌をやるときの赤いエプロンをしている。

幼稚園の先生
幼稚園の先生

みんなー、先生の所に集まってー。

先生は、教室にいるみんなに声をかけて、外で遊んでいる子たちにも教室の扉をスライドして戻るよう声をかける。

ひとしきり、戻るように声をかけた後、先生はいろいろ準備をし始めた。

ガスはその時に先生に声をかけた。

ガス
ガス

せんせーい。

幼稚園の先生
幼稚園の先生

あら、ガス

どうしたの?

ガス
ガス

そのエプロンさ、ビスケットやるんだろ?

おれ、きょうクッキーがたべたいからさ、クッキーだしてー。

幼稚園の先生
幼稚園の先生

ごめんねー。この魔法のポケットはね、ビスケットしか出てこないのよー。

ガス
ガス

えー、ビスケットしかでないならまほうじゃねぇじゃーん。

いつもみたいにたたきわってだしてよー。

デンキー
デンキー

そうだそうだ!

デンキ―もガスの意見に賛同した。

幼稚園の先生
幼稚園の先生

そうねー。残念だけど、他の食べ物を出してほしいならドラえもんにお願いしてねー。

ちょっと先生忘れ物したから、みんな待ってて―。

先生は、忘れ物を取りに行くといい、赤いエプロンを着たまま教室から出て行った。

ガス
ガス

ちっ、ドラえもんはいねぇっての。

そして、先生は忘れ物を取りに戻ったようで、といっても本当に忘れ物を取りに来たのかどうかは定かではないが、戻ってきた。

本当は歌の時間をやるつもりだったのだろう。しかし、先生は絵本を持ってきて

幼稚園の先生
幼稚園の先生

みんなー。今から本を読むねー。

といって、本の読み聞かせを始めた。

ガス
ガス

ちぇっ、やめやがったな……。

子どもはいろいろ考えていて、大人には考えもつかないことを言うが、そのときにどう動いていくのか考えさせられる先生であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました