リツイートの王

創作ストーリー
スポンサードリンク

リツイートの王

休みの昼

「うーん、今日はどうしようかなぁ……。」

休みの日の晴れ間、俺は今日をどう過ごすか若干の眠気もありつつ考えていた。

とりあえず、パンをかじった。さあ、これからどうするか?

特に趣味がない俺にとっては、人生最大の悩みかつ、楽しみでもある。

いつもより遅めに起きているのもあってか、考えていたら、テレビから昼間の再放送の音が聞こえてきた。

このとき、俺は昼になったことを知る……。

ふと、テレビを見ると、バラエティ番組の再放送らしきものをやっていた。

リツイートの王

仕事の日は、テレビをあまり見ないので再放送でも新鮮に感じる。

その番組では、巷で話題になっている人にインタビューをするという内容だった。

今日の再放送では、「リツイートの王」という男性が紹介されていた。

「リツイートの王ね……。」

俺は独り言を漏らした。たくさんの人からリツイートされたインフルエンサーかなんかなのか。

正直、平凡な俺とは住む世界が違うだろうな。そう思っていたら、司会者が

「彼は、日本一リツイートをしたという記録を保持しています!」

と言った。

いや、される側じゃなくてした側かい! リツイートをしまくってテレビ出たのかよ。しまくったところで何がすごいんだよ。こいつを取り上げるテレビもどうかしてるな……。

そう思っていたら、さらに、司会者は

「ちなみに、フォロワーは何人いらっしゃるんですか。」と聞くと、王は

「3人です。」

いや、少なっ! リツイートする意味あんのか? 

そして、話題は変わり、司会者が「なぜ、リツイートしようと思ったのですか?」と王に訊く。

「やっぱり、いいツイートはみんなで共有すべきじゃないですか。」

いや、お前フォロワー3人だろ。

「いいツイートを見たら、リツイートしたくなるんですよ。」

「いいね」を知らんのか、お前は。

「Twitterって始めたはいいものの、そのあと放置する人って多いじゃないですか。

もったいないなって思って……。

放置するならリツイートした方がいいと思うんですよ。

そしたら、いいツイートが循環されてTwitter全体が潤うんですよ。」

いや、下水道みたいに言うなよ。長文喋ってたけど中身が全然なかったぞ。

それに対して司会者が「は、はぁ……。」と心のこもっていない返事をした。

いや、司会者困らせるなよ。

さいごに

そして、司会者が

「最後に、何か伝えたいことはありますか?」と訊くと、あいつは

「そうですね。せっかくなら放置せずにリツイートしてください! リツイートならボタンを押すだけなので、自分で考える必要もないのでね。ぜひ、今からでもやってみてください!」

やたらと推してくるなぁ、リツイートを。

まぁ、何か彼のインタビュー聞いてたら、彼のアカウントを見てみたくなったなぁ……。

どんなツイートをリツイートしてるんだろう……。

俺は気になって、スマホでTwitterを開き、彼の名前を調べた。

検索で一番上に出てきて、開いてみると、俺は固まった。

スマホの画面には

「アカウントが凍結されました。」

ちなみに、リツイートとは?1日何件までできるの?

リツイートとはTwitterで他の人のツイートもしくは自分のツイートを自分のアカウントからまたツイートすることです。

他の人のツイートをリツイートすることで、自分のアカウントをフォローしている人に見てもらうことができます。

そして、リツイートの件数は制限があって、

どうやら、リツイートを含むツイートは1アカウントでできるのが1日2400件とのこと。

なので、自分からはツイートせずリツイートだけということであれば1日にできるのは2400ツイート

そして、一気に2400件、リツイートすると凍結されます。

30分単位で何件までというのが決められているようで、その件数に達したら、2、3時間経ってからでないと凍結されます。

以上のことを守らないとリツイートの王みたいに凍結されて、アカウントが使えなくなってしまうので、くれぐれも気を付けてくださいね。

詳しくはTwitterのヘルプから!

この作品はフィクションです。
作中の人物は架空であり、実際の人物・団体とは一切関係ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました