最近のレンタルDVDって予告なしなのか?を考察してみる。

よまいごと広場

どうも、望月です。

最近、TSUTAYAで映画をレンタルしまして、気づいたことがあります。

DVDの本編の前に流れる予告がなく、

すぐにDVDメニューが出てくることです。

昔は、DVDをレンタルすると、本編が始まる前にその時に出ている他の映画のDVDの予告や

近日公開される映画の予告が出てきました。

正直、ウザいなって思って飛ばそうとしても、スキップできないんですよね。

スキップできないようになっているようで・・・。

ただ、早送りはできるので、早送りしてましたけどね。

最近はパソコンで映画のDVDを観ていることもありますが、

その場合は、再生するソフトの再生とか早送りとかコントロールするところにバーがあって、そのバーを動かして予告の終わりまで飛ばすなんてこともできました。

それが、割と新しめの映画を借りましたが、予告が入っていませんでした。

DVDを入れて読み込みが終わるとすぐにDVDメニューに行きました。

まぁ、予告を見ることなく本編にいけるのはストレスかからないのでいいことなんですが、いつのまにかなくなっているのでどうしたんだろうと思いました。

調べてみても、出てこなかったです。

うーん、そもそもこれを検索する人もいないか・・・。

予告どうやって飛ばすんだよ!っていう検索は

よくあるんですけどね。

(望月も検索したことあります✋)

そこで、ちょっと考えてみました!

なぜ、最近のレンタルDVDに予告が入っていない理由を!

しかし、映画によっては最近のものでも予告があったはず・・・。

だから、本当言うと

映画によって、予告が入ってないのもある

この一言に尽きる・・・。

なので、ここでは

予告のないレンタルDVDがある理由を考察していきたいと思います。

スポンサードリンク

「広告を入れるな」とクレームが多発した説

シンプルに、クレーマーが

「本編の前に予告を入れるな!」

というクレームが多発したので広告を入れなくなった

というのが考えられます。

でも、この説はほぼないに等しいでしょう。

なぜなら、もしこの説が本当だったらとっくに予告なくなっているでしょうね。

しかも、すべてのDVDに。

予告のあるDVDもあるので、この説はないかもしれません。

ネットの有料配信でも観られるから、広告を使うメリットが減った説

昨今では、U-NEXTやNETFLIXであったり、

映画の観れるネットの動画配信サービスはいくらでもありますよね。

なんだったら、配信限定の映画とかありますし・・・。

きっと、それにレンタルDVDは押されているのではないでしょうか。

ちなみに、望月は店で何を借りるかを楽しみにしているところもあるので

レンタルビデオ店は全滅してほしくないと思っています。

そういうので、映画のメーカーも動画配信に力を入れて、

DVDには予告を入れたところで借りる人が減っているので、入れなくてもいいだろう。

っていうことで予告を入れていない可能性はあります。

セル版のDVDをレンタル用としてレンタルしている説

レンタルのDVDってレンタル用の商品なんですよね。

ディスクを見ると、「レンタル用商品」と小さく書かれているか

「RENTAL」と書かれていたりします。

レンタル用とは別に、セル用のDVDもあります。

セル用は買う用のものですね。CDショップだとか書店とか。

TSUTAYAにも大型店にセル用置いてあることもありますけどね。

セル用のDVDを持っていますが、セル用のDVDって予告ないんですよね。

中には予告入ってるのもあると聞きます。

(購入したのに予告見せられるのは苦痛でしかない。)

DVD(ブルーレイもそうですけど)にはスペシャルエディションとかあったりするので、

セル用とレンタル用と仕様が違うこともあります。

そんな中、セル用の仕様でレンタル用のDVDを作っている可能性も考えられます。

なぜなら、先ほどの動画配信に押されて、DVDを作るコストを抑えようとしているから。

で、コスト抑えるためにセル用と同じ仕様にしているっていうことが考えられます。

まとめ

考察してみると、

動画配信に押されていてDVDに予告を入れる必要性を見直している。

なのかなという感じです。

でも、やっぱりよくわからない・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました