色眼鏡

創作ストーリー
スポンサードリンク

荷物が届く

授業が終わって、俺は一旦、家に帰る。

そして、バイトの制服を持っていって、バイトに向かう。

ファミレスは俺が出勤するときには少し混雑している。

夕食時の波が押し寄せて、今いるお客さんを捌くしかない。

バイトが終わるのは0時ごろ

その時間まで入ってくれる子はあまりいないそうで俺は重宝されているらしい。

まぁ、休みに出勤してくれと言われたら極力出るし、先輩と仲良くやってるし。

店長にとってはいい駒なんだろうな。……とは思いつつも俺はファミレスでバイトをしている。

休日出勤もするようにしているのは、一人暮らししている分、生活費の充てにしたいからだ。

大学進学をきっかけに上京した俺

半ば片田舎の地元から逃げたくてやってきた東京

半年経って、なんだか地元が恋しいと思えてきた。

「夏休みはバイトばっかで帰れなかったな……。」

別に、家族や地元のメンツが嫌いなわけじゃない。

東京を知りたかったのだ。

そんな日々を送っている俺に、母さんから贈り物が届いた。

家にいた俺は、宅配がきて受け取った。

両手で持てる最小の大きさといったところか。

開けてみると、箱と手紙が入っていた。

手紙を読んでみる。母さんからの手紙だった。

ゆうちゃんへ

ゆうちゃん、元気にしとる?
大学でちゃんと勉強しとるか?
くれぐれも体調には気をつけなさいよ。
母さん、最近ね、ゆうちゃんにとっていいものを見つけたので送るわね。

俺は中に入っていた箱を開けてみた。

「……メガネ?」

それは銀色のフレームで左のレンズと耳かける部分に繋がる接続部分に黒い小さな枠のようなものがある。

それは機械のランプがつく部分と似ている。

俺は手紙の続きを読む

手紙と一緒に入れておいたんだけどね、
それ、色眼鏡っていうのよ。

色眼鏡

「色眼鏡……。」

この眼鏡はね、かけると周りの景色の色が変わるっていう眼鏡みたいなのよ。
ほら、若い子が色のついた眼鏡つけてるでしょ。
あれのいろんな色で見える感じよ。
スマホの専用アプリと連動してて、アプリで色を決めればその色になるらしいわよ。
あと、ゆうちゃんってApple Watch持ってる?
あれがあれば、それの心拍数とかをとって、それで色を変えさせてくれるおまかせ機能もついているらしいのよ。

「ほぉ……。」

なかなかハイテクな機械を送ってきてくれたのか……。

母さんのよく見てる通販でやってたのかなぁ?

色はね見るだけでも自然と体や心に影響が出るっていうから、それで健康になるらしいわよ。あんたも色々あると思うから使ってみて。
ちなみに、色はそれぞれ違う効果があって
赤にすると血の流れが速くなったり、心拍数が上がるらしいからやる気を起こすのにはいいかもしれないわよ。
逆に、青は落ち着く効果があって、眠れない時とかに設定すると眠くなりやすいんだって。
あとは食欲が出なかったら、オレンジにすればいいわよ。食欲出るようになるわよ。
あと、バイトとかで落ち込んだら黄色で元気出すといいわ。
忙しくてちょっと隙間時間に休みたくなったら紫にすれば体を休まるわ。
あと、大学とかでパソコン使うでしょ?
目が疲れた時には緑に設定すると疲れが取りやすいわよ。

「へぇ……。」

色なんて気にしたことなかったがそんな効果があるのか。それより母さん詳しいな。

箱をみると、中には説明書が入っており、チラッとみたら色の説明が書いてあった。

おそらく、説明書より母さんの説明の方が頭に入りそうだ。

まぁ、特に必要ないと思ったら、使わんでもええよ。
母さんのお節介だから。
あとね、もう一つ用意したのよ。

届いた外箱の中をみると、もう一つ別の箱が入っていた。

もう一つはエロ眼鏡

「え、エロ眼鏡?」

俺は戸惑った。

もう一つの眼鏡

普通、それはエロいこと考えている眼鏡かけたやつに言う悪口なのだが……。

箱を開けてみるとエロ眼鏡という商品名の眼鏡が入っていた。

いや、ネーミングよ。

もっといいのあるだろ。

そして、手紙の続きを読む

その眼鏡はね、なんかVRだっけ?ARだっけ?
何か模様を読み込むとそこに架空の女の子が出てくるらしいのよ。

たぶん、ARのことだな。

あんたの好きな女の子が出てくるといいね

母より

ここで手紙が終わる。

俺はエロ眼鏡をかけて付属の読み取る模様が書かれた紙を見る。

付属の模様は何ページかあった。おそらく1種類だけではないと思われる。

そして、目の前に

黒髪ロングのブレザーを着た美少女JKが現れた。

「おおー。」

そして、違う模様が書かれた紙を見る。

今度はオフホワイトのワンピースを着たショートボブの少女が横に座っていた。

「めっちゃいいやつじゃん! これ。」

母さん、ありがとう

俺は今までで一番母さんに感謝した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました