創作ストーリー

作った小説の記事です。

創作ストーリー

私はやめない・下

だんだん仕事が増えてきて1日働くようになった柚月……。課長は怒るだけだし、先輩からは自分の仕事を後輩に押し付ける。そんな中、取引先の会社で掃除のおじさんに出会う。
創作ストーリー

私はやめない・上

望月齢の創作短編小説・私はやめない・上の記事です。 新社会人の浅田柚月は厳しかった就職活動を乗り切り、大学を卒業し晴れて営業の仕事に就職 色々慣れない中で自分の仕事のできなさを痛感する。上司ができない自分のために仕事をたくさん経験させてくれていると思う柚月だが、それは……。
創作ストーリー

色眼鏡

荷物が届く 授業が終わって、俺は一旦、家に帰る。 そして、バイトの制服を持っていって、バイトに向かう。 ファミレスは俺が出勤するときには少し混雑している。 夕食時の波が押し寄せて、今いるお客さんを捌くしかない。 ...
創作ストーリー

サンデーを食べながら

デニーズの期間限定デザート「おいもの和サンデー」を食べていると友達からのLINEが…。サンデーのレポートとLINEの進捗状況が同時に進行するとき、結果はどうなるのか?
創作ストーリー

クリスとクリスマス・下

またべつのひ、クリスとサラはかいわすれていたものがあったので ジョンおじさんのストアにいきました。 ジョンおじさん やあ、クリス、サラ ん? きょうはなんだかかなしいかおを しているね。なにかあったかい? ...
創作ストーリー

クリスとクリスマス・上

どこかにあるアメリカのちいさなまちでは ゆきがふりつもり、もうすぐクリスマスでみんなたのしみにしていました。 そして、クリスとルーシーはクリスのおうちでクリスマスパーティーのじゅんびをしていました。 ルーシーとクリスはお...
創作ストーリー

ポケットのなかにはクッキーがひとつ?

童謡「ふしぎなポケット」について園児たちの会話の物語です。
創作ストーリー

僕は夜の民

夜型人間の僕は日常のことを思う……。
創作ストーリー

私は片付けをやめた2

食器を片付けない夫の言い分とその罰の話
創作ストーリー

私は片付けをやめた

安定にみえる食卓 とある夕方、私は夫のために夕ご飯を作り始めた。 そして、もうすぐ日が沈みそうになった明るさで夫は帰ってきた。 「ただいま」 「おかえりなさい」 結婚から3年経ち、私たちは男女というより徐々に...
タイトルとURLをコピーしました